静岡地震雑感

大きな揺れでした。」について
今朝は出勤前に急いで投稿したので
かいつまんだことしか書けませんでした。

地震が始まった瞬間は
「とうとう東海地震が来たか!」
と覚悟したのですが、揺れを感じながら間もなく
「ん?何かそれほど大きな揺れでもないぞ。」
という感じに変わりました。
案の定、東海地震にしては短時間に揺れも収束し、
「これは東海地震じゃないな。駿河湾あたりが震源で
せいぜい高くてもマグニチュード7は超えないだろう」
ってのが速報前の感想でした。

とりあえず無事を近しくお付き合いのある人たちに
メールで報告してブログをちゃちゃっと書いて
すぐ出勤したのでした。

ほぼ確定した今回のマグニチュードは更に0.1下がって
6.5だとのこと。被害に遭われた方には悪い表現ですが、
これは地震学的には小さな地震のほうに入ります。
もちろんこれが直下型だったら甚大な被害が出るところでしたが、
あの岩手宮城内陸地震でもマグニチュードは7.2でしたから、
それと比べても0.7も小さな今回の地震だったのです。

今度、本当に東海地震が発生したら、とても今回のとは
比較にならないくらい甚大な被害が発生します。
それが来るのが直ぐになるのかまだ間があるのか
データのない私にはわかりませんが、
今回の地震を予行演習として、
来る本番に備えを整えることが求められますね。





災害防衛論 (集英社新書 (0416))
集英社
広瀬 弘忠

ユーザレビュー:
生き抜くための基本的 ...
受動的安全の考えが興 ...
防災の新しい考え方を ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"静岡地震雑感" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント