柴田淳Newアルバム「ゴーストライター」

1年ぶりに書く、シンガーソングライター柴田淳(愛称:しばじゅん)の話題です。
先週4日、新アルバム「ゴーストライター」がリリースされました。
(私はAmazonを通して予約していたので3日に入手しました。)

mixiのファンページでは今までになく賛否分かれたこのアルバム。
私は最終的には、これまでにない方向へ彼女の初挑戦を感じる一作と感じました。

タイトル発表した時点で、「ゴーストライター」という名前は、
一般的に「本人に成り代わった影武者」という意味を想像させるものとして、
もちろん自分で作詞作曲してきたはずのシンガーソングライターとしての
否定的イメージを危惧しておりました。

しかし、ついにアルバムが届き、全てに耳と目を通してみて分かったのは、

「目に見えぬゴーストを数多織り込んだ意欲作」
「ゴーストを描く作家」

としての彼女のまさに意欲のありようを言い当てるタイトルが
「ゴーストライター」であったということでした。

新人アーティスト時代からの直球勝負を愛するファンとしては、
今回の彼女の作品はどちらからというと、
技巧派を目指して投げられた変化球の織り交ぜられたような作品で、
一種期待外れなのかも知れない。
私も元々、彼女の直球を一目惚れでファンになったものだから、
正直、まだまだ直球勝負を見ていたい気持ちも分からないではない。
でも、アーティストしばじゅんが自らを磨く意味で別路線に挑んだことは
向上心が無くなっていないということだから、素直に評価したい。

嬉しいことに、私のアルバム感想文が、しばじゅんへのメッセージとして
彼女のオフィシャルサイトに掲載されている。

アーティストのオフィシャルページに掲載してもらったケースとしては、
しばじゅん同様に大好きなアーティストの宇多田ヒカルさん以来、
久しぶりである。(「あなたの大好きな一曲を教えて下さい」

自由時間がなかなか取れないので、通しでアルバムを聴いたのは
まだ一回きりだが、その中の「透明光速で会いに行く」という曲は
ここ最近、寝る前に一回は聴いてから眠りに落ちるくらいお気に入り。
他にも良い曲はあるので、是非皆さんにも聴いてもらいたいと願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック