公務員の逆恨み。生活保護受給者を不当逮捕。

いまだに無くならない、生活保護を違法に門前払いする「水際作戦」。
これで北九州などで何人もが餓死した忌まわしい行為は、
未だに各地の生活保護の窓口で続けられている。

今回逮捕されたA君。不当な水際作戦に疲れ、
精一杯の抵抗としてビデオカメラで職員を撮影しながら
申請を行おうとした。最終的に所属する労組の立ちあいで
ようやく生保受給が認められて職業訓練を受けて
再出発・自立を目指していたのだが・・・逮捕。

職員にビデオカメラを向けて生保申請を受け取るようした行為が
違法だというのが警察と職員の言い分。
ちなみに、この逮捕で生保が取り消されたわけでなくて、
生保を受けている事実自体は違法とはされていない。

職員が公務員として恥じる事をしていないのならば、
たとえカメラを向けられていても堂々と職務を遂行すればいいこと。
たかだかカメラを向けられただけでそれを「犯罪」というのは、
逆切れ以外の何なんだろうか。

今回、彼が逮捕されただけでなく、彼の所属する労組も家宅捜索を受けた。
自分には関わりの無い労組であるが、これはかつて所属した
フリーター全般労組が麻生邸ツアーでの逮捕事件で家宅捜索されたのと
似たような臭いがする。

情報公開を是とし、弱者救済を標榜する民主党のサポーターとして、
私はできれば早急に政権を握る民主党などの与党が
この問題を政治解決して、公安たちのあくどい動きを
成敗してくれることを願うものである。

以下、JANJANというネット新聞に掲載された記事で
詳細を見ていただきたい。

水際作戦の福祉事務所「逆切れ」、生活保護申請者不当逮捕(JANJAN)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック