好敵手

あともう少しで、待ちに待った、あまりにも待ち疲れた、
衆議院選挙が行われる。

郵政民営化を争った小泉の衆院選で自民党に投票したことを
再三書いているとは思うが、私は今もなお後悔してはいない。
「あれはいわゆる『究極の選択』だった。」
それが私の感想だ。永らく政権交代で国の有り様(ありよう)を
変えていくこと、守旧勢力の力の根源である郵貯・簡保マネーを
政・官から切り離すこと自体は与野党問わず必須の流れだったが、
あの時、当時の民主党が小泉の民営化に対案を出して
「小泉の民営化案がいいか民主党の民営化案がいいか」が
争点にしてくれていたら、私は自民党に投票しなかった可能性が
かなり高かった。無党派層の私として、8割がた、反自民の
勝利を成し遂げる筆頭候補は民主党だったからだ。

もう、過ぎてしまったことは仕方がない。
やっと民主党は対案を出して正面から戦う政党に変わりつつある。
一度は任せてみたい。うまく行くなら、2期ほどは民主党中心の
政権で改革を成し遂げてから、次の国政課題への論戦に移ってほしい。
だから、数々の献金疑惑・郵便不正関与事件のことはあっても、
正社員クラブの連合がバックにあっても、自民党政権をいったん下野させ、
論戦中心の議会制度の成熟を待ちたい。

だから、8割がた、次の選挙で政権を取るのは民主党であってほしい。
あまり明かしていないことではあるが、党のサポーターとして
支援はしている。ただし、政党の党員にはなれないしなりたくない。
言ってみれば閣外協力的支援に留まっている。

だが、小泉自民党の時のような300議席も民主党に取ってほしくない。
そうなったら論戦中心の政治でなく、数の横暴の罷り通る政治に陥る。

そんな中、民主党に勝利がくるとしても、下野してほしい自民党の中に
残ってほしい論客が数名はいる。すぐに思い浮かぶのは
小池百合子と片山さつきだ。加藤紘一も捨てがたい。
彼らと意見も主義主張も違うとはいえ、落選するのではなく、
なんとか彼らだけは国会議員に残って、民主党政権への
際どい反論勢力として残ってほしい。
言ってみれば、彼らは民主中心政権(仮)にとって、
「好敵手(ライバル)」として重要な存在なのである。

私は明治維新で大きく変質された皇室の存在、
そして明治政府の国策で設立された靖国神社に
強い違和感がある。

小池氏が靖国参拝していることに苦々しくおもうこと、
敵地先制攻撃を推すことに違和感をもつことはかなりある。
靖国の無かった維新前の古い皇室に戻し、
皇室の役割から国政や防衛問題を切り離してほしい。

幸いにして私は彼らの選挙区の有権者ではない。
だから野党への投票を気兼ねなくできる。
しかしこれが地元選挙区の候補者だったら
心はかなり苦悶することであろう。

そして来るべき選挙。自民党は早期に総裁選を行い、
新しい総裁がすぐには首相にならず、
総総分離で麻生を選挙管理内閣として新総裁の下で
総選挙を戦い、勝利したほうが時期内閣総理大臣に
なってほしい。充実した論戦を通じて次期政権を
待ち望んでいる。

「好敵手」ほど、互いの力を育てる存在はない。
自民党に敗北してほしいと思っても、
彼らたちには頑張ってほしいのである。

大切な一票を早く投じる日が来てほしいのだ。
静かにその日が来るのを今か今かと
期待して過ごす毎日である。

ではではm(_ _)m



バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5)
晋遊舎
竹内 薫

ユーザレビュー:
世の中、「ノーフリー ...
良書。(^_^)v  ...
「先生」は99.9% ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?
ダイヤモンド社
神保 哲生

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

選挙会議〈vol.2〉小沢に天下を獲らせてみたい!—1冊まるごと民主党応援BOOK
全国勝手連連合会

ユーザレビュー:
小沢さんのことはよく ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック