産経新聞、紛らわしい記事書くな!

夏嵐の夕方、真白き富士山」について
今日の夕方、ネットニュースを見ていて驚いた。
「富士山の初冠雪 大正3年以来の最も早い記録を更新」
と出てるタイトルを見れば、まるで今日初冠雪したかのようなイメージ。
しかもご丁寧に写真付きで、まるで真冬の富士山を見るかのような
立派な「冠雪」である。我が目を疑ったが、外に見える富士は
この写真のようには真っ白ではない。

それでよくよく見ると、初冠雪したのは今日のことでなく、
9日のことであって、それはまさに私が「雹(ひょう)」が積もって
真っ白になったと報告したまさにその9日の富士の話であった。
写真にもよく見ると「1月に撮影した写真」との添え書きがある。

だが、素人目にこれをぱっと見せられたら、
まるで今日この暑い夏の日に頂上にドカ雪が降ったかのような
ショッキングな印象を受けるのではないだろうか。

中国のオリンピックを「偽装」だの「口パク」だの批判する一方で
初冠雪とは全然関係ない真冬の写真を添えて紛らわしい記事を書く。
なんとも人騒がせな記事だと感じました。
そのもの9日撮影の写真を入手するぐらい天下の産経新聞が
出来ないわけなかろうに・・・

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック