報道する必要があるんだろうか...

痴漢問題で有罪判決を受けた元教授がまた痴漢をしたという問題。
痴漢があったかどうかは捜査資料等をみんなが見て判断するべきだし、
それが事実なら罰せられて然るべき問題であるが、
気になったのは、事務所からセーラー服が見つかったとか、
自宅からわいせつDVDが見つかったという報道の存在。
これって、報道の公益性において、必要な報道とは思えない。
ただ単に、元教授である被告の人格を落としたいが為の悪意でないかな?

たとえば私が住んでいるアパートの部屋を家捜ししたら、
簡単に女性物の下着(元かみさんのくれたもの)とか
スカトロ映像満載の男女の性交が無修正でおさめられた動画ファイル
(ネットでヤフーとかグーグルとかの検索で一般人が難なく手に入るもの)
を保存したDVDは100%見つかる。でも、単にそれだけの事実であり、
それがあるかないかで私の人格が反社会性を持っているかどうかの
なんらかの裏づけになるのであろうか。それが見つかるかどうかで
私の普段の発言・表現活動への評価が左右されるべき物であれば、
そもそも発言しないし表現しない。報道された被告について、別に
かばう気もなにもないけど、行過ぎた報道には悪意を感じたので
書かずにはいられませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック