テーマ:災害

After twenty years...

1991年の私の思い出がこの頃やけに頭をかすめる。 その年の7月に急遽、同じ大学、同じ学年の女性と、 婚約を交わし、相手の親と個別に対面する場を設けたり、 双方の両親を交えて挨拶を交わす場を設けたりしながら、 同時並行で卒論の研究と大学院の受験などをしていた。 その、双方の両親と対面の場として選んだのが 福島市の温泉街の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「菅直人に告ぐ。私が無給で福島原発で作業する条件。」について

「菅直人に告ぐ。私が無給で福島原発で作業する条件。」について 結局菅直人はずるずる居座ってしまったし、 党内抗争の火種だった小沢氏への処分を撤回しなかったし、 記者会見をオープン化もしなかったし、 私の命を掛けたこの提言に全く対応しないまま、 野田新総理大臣に引き継がれていくことになった。 私はせっかくのこの提言が無駄に終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大前研一、ふざけるな!!!(原住民踏みつけに!) #genpatsu

大前研一って、知識人としてもてはやされてるらしいが、 見ていてあまりに現地を知らぬ机上の空論が多い。 今度は「ロシアのツンドラ地帯を核のゴミ捨て場にしろ」だと。 http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/1676.php -----------------引用ここから------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲仙普賢岳大火砕流から20年目~マスコミによって殺された住民たち~ #NHK #houdou

今日で雲仙普賢岳の大火砕流災害から20年目を迎えた。 明日、NHK総合テレビの21時30分から、ドラマ仕立てで 特別番組があるという。 http://www.nhk.or.jp/frontier/unzen/index.html 「地域社会を守るため、防災の最前線に立った人々がいた」 と銘打ってある。 ただ、忘れていけな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

津波で死なない唯一の方法--とにかく「逃げろ!」

震災後、twitterや地震学会MLに寄せられる一般のかたがたの意見の中に、 「気象庁が発表するマグニチュードをどんどん変えたことが失敗だった」とか 「気象庁の情報操作で被害を大きくした」とか、 結構社会的地位の高そうなかたがたからそういう意見が出た。 「最初からM9.0と言われていれば逃げたものを、当初のM7.9とかいうの…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

アホか、この産経新聞。

呆れてものが言えないというが、やっぱり言う。 「静岡県東部」という字面だけ見たんだろう、この記者は。 静岡は東から、伊豆、駿河、遠江の3つの地域からなり、 駿河の東側と伊豆全体を合わせて大まかに「静岡県東部」と されることが多い。駿河の西側と遠江東部あたりを「静岡県中部」、 遠江西側を「静岡県西部」っていう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅直人に告ぐ。私が無給で福島原発で作業する条件。

東北関東大震災で破壊された福島原発。 ついに「日給40万円で危険作業してくれる人を募集」という ニュースが流れた。この国には、命を犠牲にしてでも 故郷と友人を守る政府も公務員も東電経営陣もいないことがわかった。 しかし、ここで私はこの国の一市民として宣言する。 私は40万円なんて端金は要らない。 このまま事態がブラックホ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「絶対に安全な土地」は存在しない。新津波対策と街づくり。

今回の大震災から早くも半月が過ぎた。 当初の混乱期を幾分持ち直しつつある地域も出てきて、 各方面の批評家やコラムニストの方々が提言を示し始めている中、 大前研一さんの提言に目がとまった。 〔大前研一「ニュースの視点」〕 KON354「東北地方太平洋沖地震~復興のための消費税「1%」増で「強い日本」に!」 私は税率問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災と、梅の木と、さくらんぼの木。

震災を伝える報道を見ていて、 どうしても心に焼きついた二つのシーンがありました。 一つは、被災者のおばあさんが 壊滅した自宅の庭に残された小さな木を示して 「この梅の木、孫娘が産まれた時に植えたんです。 孫娘は津波で流されて行方が分からなくなっています。」 と告げていました。 もうひとつは、被災者の女の子。 自宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「富士山で人工地震」というデマについて。

「富士山を囲む正方形の「震源」。人工地震の明確な証拠です。」について 実に初歩的数学知識もないデマ記事である。 この大変な災害時にこんなデマを繰り返しtwitterに流した人たちは 「算数」及び「数学」の基本的知識もないものと思われる。 まず、普段私たちが使っている「メートル法」の起源を考えよう。 そもそも「1m」とい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昨夜、震度6強の烈震が富士宮を襲う!

「またしても石原慎太郎発言「津波は天罰」。こいつ血も涙もない!」について いやはや、昨日の地震は酷かった。 直下型として「東京電力の耐震基準」レベルの 「烈震」が富士宮を襲ったのである。 しかも、気象庁の資料を見ると、 一番揺れたのがこの富士宮市宮原あたり。 「ドカン!バリバリッ!!」と音をたてて 突きあげと揺さぶりがや…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

『50Hz大震災』の盲点

今回の大震災で計画停電をすることになった。 私の住む富士宮は富士川の東側で東京電力管内第5グループ。 初日の今日は夕方17時~19時に市内の一部で停電になったとのこと。 明日は輪番が回って昼12時~16時のどこかで停電の可能性。 そこで、今回の災害を受けて防災体制の 盲点があったのだと深く考えるに至った。 これまで一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本人から電話が来た!

「親友とその家族、無事らしいとの情報有り。」について やっと待ち望んでいた電話が本人からかかってきました。 家族全員無事とのこと。本当に良かった。 きっと医師の彼は負傷者対応で忙しいだろうと思う。 いつか早い時期にゆっくり語りあかせる日がくると信じて その日を待ちたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親友とその家族、無事らしいとの情報有り。

「大震災:故郷の親友とその家族が安否不明です。」について 情報が本当ならとてもうれしい! 昨日、親友の奥さんと見られる生存情報が見つかり、 Googleの人探しサイトで詳しく情報提供を依頼していたら、 奥さんの家族というかたから書き込みがあって、 親友、奥さん、子供たち、奥さんのお母さんの 全員無事だとのこと。 きっとま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旧田老(たろう)町の防潮堤、残念ながら。

私は岩手県の旧、田老町(現、宮古市田老町)に祖母がいたので 祖母が存命中には幼少期から何度も田老に遊びに行っていた。 過去の津波災害から、高さ10mもの防潮堤で町全体を囲んでいた。 地震災害の人たちの中でも有名な町となっていた。 しかし、その田老町が全滅と知らせが入り、愕然とし、 今夜、ついにその映像も入ってきた。 一生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな非常時ですが、政府批判はします。

政治の足の引っ張り合いとしては政府批判は見苦しいと分かりますが、 これだけは言いたい。 震災発生から長く停電で発言できなかったことだが、 首相がヘリで一時福島に飛んで視察したことは 行政のトップとして極めて非常識だと言いたい。 この震災は福島の一点で発生した局所災害ではない。 国家的緊急事態だ。戦争に匹敵することだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大震災:故郷の親友とその家族が安否不明です。

先ほど、気象庁からの公式発表もありましたが、 モーメントマグニチュード9.0(Mw 9.0)に達する今回の巨大地震。 記録に残っている世界中の地震の中でも4番目か5番目の大きさで それだけでも地震に携わった私にとって強い思いがあるのですが、 被災地三陸海岸にはもっと大きな、大切な存在があるのです。 何よりも一番に辛いのは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

念のため。現在、私は無事です。

twitterでは沢山つぶやいていたので そちらで既に私の無事は御存じとおもいますが、 twitterを使っていない方のために 私の無事をご報告いたします。 富士宮市は地震直後から停電で 日付変わって午前2時頃に復旧するまで デスクトップパソコンは使えませんでした。 ネットブックはありましたが、 バッテリーを節約して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

静岡地震雑感

「大きな揺れでした。」について 今朝は出勤前に急いで投稿したので かいつまんだことしか書けませんでした。 地震が始まった瞬間は 「とうとう東海地震が来たか!」 と覚悟したのですが、揺れを感じながら間もなく 「ん?何かそれほど大きな揺れでもないぞ。」 という感じに変わりました。 案の定、東海地震にしては短時間に揺れも収束…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気象庁の詭弁(岩手・宮城内陸地震)

気象庁が今回の地震の震源断層は未知のものだったと発表したらしい。 しかし、この内陸地域、岩手宮城県境付近の群発地震のことは 「八ヶ岳南麓天文台(KT法)に関する討論提起(2002年)」 にて言及してきたとおり、極めて特異な活動をみせていた地域であり、 科学的に検出不可能だったから未知だったのではなく、 観測して見つけ出そうとす…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「「「地震 毎日4件以上」について」について」について

「「「地震 毎日4件以上」について」について」について 逃げ隠れしないことは、ぐーぐるなんかで私の名前(小野田英)で検索すればトップで表示されるようですから、それで私の住所も電話番号もありますのでどうぞご確認ください。弘前大学大学院修士課程修了。マグニチュードと震度の違いがわかるかどうか以上に、テレビやラジオで震度速報が流れると、耳で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地震 毎日4件以上」について

「地震 毎日4件以上」について 地震ってものはマグニチュードがマイナスの極めて小さいものからマグニチュードのでかいもの(確か地球が真っ二つレベルでM12くらいだったかな)まで多種多様。単に16個程度の数字で驚いているけど、カウントするマグニチュードを下げればいくらだって増えるんだけどなぁ。。。 まぁ、地震が多い国だっていうこと自体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more