テーマ:報道

リスク管理はしっかりと(笑)

twitterから見つけたこのブログの連続写真、 見ていて思わず吹き出してしまう、まるで4コマ漫画のよう。 「日々雑感」より、「リスク管理はしっかりと」 http://www.geocities.jp/navyfrog993/HibiZakkan/05/Jan05/Jan05.htm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JANJAN休刊とのことです。

インターネット新聞の一つとして、かつて私も魅力に思っていた 日本インターネット新聞社の運営するサイト「JANJAN」が休刊する。 http://www.janjannews.jp/archives/2744447.html 正直、昨年末にJANJANが大掛かりにシステム変更した結果、 素性の見えない捨てハンドルネームの跋扈す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第一回 朝までダダ漏れ討論会」・・・もうひとつの「朝まで生テレビ」

しっかり名前を付けてある放送を別名で紹介するのは、 別に最初の司会が本家「朝生」のキャスターだからではない。 単純に、 「テレビからの情報は知っていても、ネットメディアを見る事が無い」 というおおよそ私(今年43歳になる)あたりから上の世代に、 何か例えになるものとして紹介したかったからだ。 今夜の放送は、「ニコニコ動画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政刷新担当大臣の枝野幸男さんが会見をオープン化するとのこと。

朝日新聞の報道によると、これまでの定例記者会見は記者クラブだけに限られてきたが、 毎週木曜日にはフリーのジャーナリストの取材も受け入れた会見をするとのこと。 「自分を『先生』とか『大臣』と呼ばないで」と徹底している枝野さんらしく、 是非これからも国政を風通し良くしてほしいものだ。 「私を大臣と呼ばないで」枝野行政刷新相、記者…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2.26 74年後の雨の春。 在特会と検察とマスコミと・・・

今日は2月26日。74年前の今日、東京は雪だったと。 そう、2・26事件の日である。 今、大手マスコミは戦前の大本営発表垂れ流しの時代のように 国民生活からかけ離れた政権闘争ばかり垂れ流し、 あたかもそれが国家の一大事のように報じているが、 twitterの世界では、次々とマスコミの報じない暴力集団 (在特会、検察、警察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 @agawataiju 作家「阿川大樹」君の問題。 #syutto #kensatsu

「 @agawataiju 作家「阿川大樹」君の問題。 #syutto 」について たかだか「灯台下暗し」の正しい意味を調べるだけのことに、 「俺の作品を読んでから物を言え」と 何かひけらかせるだけの物があるかのような 下記のような書き込みがツイッター上に流れていました。 以下、阿川君の書き込み。 -- @agawataij…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成デモクラシー

正直言って、だんだんマスコミ、とりわけ電波を握っている業界に 嫌気がさすことが多くなっている。 例えばある学会発表が大盛況だったという報道。 会場を埋め尽くす観衆の過半がおおよそ「高齢者」と お呼びしたいご年齢の方々だったにも関わらず、 インタビューとして流れた数名は全部「若者」。 「会場が賑わった」というニュースにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

@uesugitakashi 昨日の #syutto タグのお祭り

「キツネ狩り-検察・マスコミの陰湿」について FM出演や週刊朝日連載などいくつかのメディアに出演して 小沢民主党幹事長関連の取材記事を逐次報道してきた上杉隆さん。 とうとう昨日はtwitter上に週刊朝日の山口一臣氏が 東京地検から出頭を求められた件に関連して 「#syutto」タグを設置して出頭方法をどう演出するか 大喜利ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

@agawataiju 作家「阿川大樹」君の問題。 #syutto

「「作家「阿川大樹」君の小沢不起訴に関連する世間知らず。」について」について もう寝る予定だが、ちょっとブログから一気に 両方に書き込みしてみる。 阿川君はまだCDも発売されていない時代の人間らしい。 昭和42年生まれの私でさえリアルタイムに 上杉氏の取材を目撃してきているのに(苦笑) 阿川>> @ono…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「作家「阿川大樹」君の小沢不起訴に関連する世間知らず。」について

「作家「阿川大樹」君の小沢不起訴に関連する世間知らず。」について 早速この阿川君から 『ブログ拝見しましたが、食いつきどころが根本的に間違っています。 「週刊朝日に出頭要請だか抗議だかがきた」ことが まだ報道されていないのは当たり前だと指摘しただけで…(以下略)』 本当にこいつは西暦2010年に生きているのか? 地震速…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

作家「阿川大樹」君の小沢不起訴に関連する世間知らず。

「キツネ狩り-検察・マスコミの陰湿」について ミステリー作家をしているという阿川大樹君が 「事件は今日起きたばかりで大新聞に載っているはずがない」 という趣旨の話をtwitter上で展開し、 検察や記者クラブマスメディアたちを庇う戦いをしている。 上杉隆氏や週刊朝日が「検察の異常な捜査」に関する 報道を始めたのは今日(2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社民党・福島みずほ党首がtwitterを始める。

不思議なのは、朝日新聞なんかを見てみると、 かなりの職責を持ったかたがtwitterを開始しても なかなかその事実を報じようとしない。 今日、社民党の福島みずほさんがtwitterを開始された。 http://twitter.com/mizuhofukushima さっき覗いてみたところ、もう少しで3000人ぐらいのかたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネ狩り-検察・マスコミの陰湿

話の筋は民主党の小沢幹事長の問題ではあるが、 国民の多数が彼の辞職を求めている中、 その世論がややもすると「キツネ狩り」の罠に まんまと引っかかっている危険性を危惧している。 中島みゆきというアーティストが初期にリリースした アルバム『生きていてもいいですか』に収録された 『キツネ狩りの歌』。 ずるがしこいキツネを…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ついにAsahi.com上に記者クラブ問題が取り上げられた。

「「記者クラブ問題」に関する「誠」というサイトでの連載記事」について 実に目立たない紙面の片隅に書かれた記事であるが、 ようやく朝日新聞でもこの問題を直視し始めたようである。 【新聞】労を惜しんではいけない記者会見の開放 http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY2010010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婚活NG。それでいいのだ!

結婚情報サービス大手オーネットの調べたという内容が たまたま目について笑ってしまった。 婚活でNG(やっちゃだめ)な姿のランキングを見たら、 ほとんどおいらに当てはまってるじゃん。 NG1位:リュック(おいらはいつもDバッグを背負ってるさ) NG3位:ウェストポーチ(穴のあいたやつをガムテープで塞いで使ってるけど何か?) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The New York Timesも問題視する「記者クラブ」

「記者クラブ談合問題続報」について twitterでフォローして下さったShingo Itoさんが見つけられた記事。 ニューヨークタイムズ紙でも日本の記者クラブの閉鎖性をリポートしていました。 New Leaders in Japan Seek to End Cozy Ties to Press Clubs
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記者クラブ談合問題続報

「マスコミによる談合問題」について 記者会見の全面公開を拒む「記者クラブ」なる 閉鎖的な業界団体の抵抗はなかなか根深いものがあるようである。 その後のJANJANというニュースサイトに続報的記事が掲載されたので 是非ご覧いただきたいと思ってご紹介いたします。 「記者クラブ最後の悪あがき」フリーライターたちの証言 (大泉千…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

テレ朝、虚偽の大増税恐怖報道

今の民主党のマニフェストで、一部の世帯に増税になる政策が 盛り込まれていることは否定しないが、本日のテレ朝の昼の番組 「サンデースクランブル」にて、虚偽の世帯モデルをパネルにして 街行く人々に「あなたはどちらの世帯に当てはまるか」を選ばせていた。 モデルは「A、B」二つの世帯を用意してあったのだが、 A:年収700万で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミによる談合問題

普段、大手新聞社やテレビ局を通じて流れてこないニュースであるが、 民主党政権に変わったおかげで、一部、日本のマスコミが独占していた 政府情報の開示/非開示の特権が崩されたことがわかった。 JANJANという、市民記者が集まって報道するニュースサイトがあるのだが、 ここを拠点に活動している記者は、 これまでどんなに実力のある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

放送日変更の知らせが来ました。

「今夜はテレ朝2本」について 延期になった「自由と生存の家」についての取材番組は 29日月曜日昼の番組にて放送されると連絡がありました。 同じBS朝日13:00~の「お昼のニュースアクセス」です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今夜はテレ朝2本」について

「今夜はテレ朝2本」について 残念ながら19:00からのBS朝日では マイケルジャクソンの特集に入れ替わったため 放送されませんでした。組合内部では まだこの入れ替わりが後日になるのか 情報が入っていません。結果的に誤報になり 申し訳ありませんでした。m(_ _)m
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今夜はテレ朝2本

所属するフリーター労組に関係する番組が 今夜2本放送になる。 1つは衛星放送(BS朝日)で19:00からの 「週刊!しっかり見ナイト」に、 東京四谷に労組が中心になって設立した 「自由と生存の家」のことが紹介される。 もう一つは夜中(27日未明)からの地上波 「朝まで生テレビ!」に、観覧席に一般組合員、 論客の一…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

個人の尊厳と中国の平和

北朝鮮の核問題などで中国の役割が重要な時期にあって、 中国の反発を受けるようなトピックは言い出しにくい国際環境だが、 やはりこういうニュースに出逢うと心が痛む。 「中国の国境警備兵が無抵抗の亡命者を背後から銃殺」 ネット上で見た産経新聞の記事で見て、その証拠ビデオも見ました。 「国家」というものと「民族」というものが必ずしも歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道する必要があるんだろうか...

痴漢問題で有罪判決を受けた元教授がまた痴漢をしたという問題。 痴漢があったかどうかは捜査資料等をみんなが見て判断するべきだし、 それが事実なら罰せられて然るべき問題であるが、 気になったのは、事務所からセーラー服が見つかったとか、 自宅からわいせつDVDが見つかったという報道の存在。 これって、報道の公益性において、必要な報道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more