事業仕分け通りの結論で予算の組み直しが決定。

「次世代スパコン(その2)」について 次世代スパコンにようやく決着がついたようである。 スパコン、「世界一」の目標断念し予算折衝へ 文科省(朝日新聞) 事業仕分けの下した本意を捻じ曲げた「誤報」で 科学者や国民に大きな反発が起きた一大事件であったが、 事業仕分けチーム、そしてそれを取りまとめた枝野議員の説明通り、 事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

子供から危険を取り去ることの「危険」(キョウチクトウ騒動)

  夾竹桃の花は 紅い花   私の涙は 銀の鈴・・・ シンガーソングライターのさだまさしが グレープというフォークデュオ時代に作った アルバム「せせらぎ」に収録された一曲、 「女郎花」に出てくる一節だ。 この夾竹桃が福岡市の公立学校から600本も 根こそぎ伐採される運命に立たせられているという。 キョウチクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぽるしぇ君

スズキがフォルクスワーゲンと提携するとのニュースが流れた。 更にフォルクスワーゲンはポルシェと提携を模索しているらしい。 早晩、「スズキの店頭でポルシェの車が販売される」ということも 来るのかもしれない。 なんでこんなことを書いたかというと、 かつて6年間ぐらい、私はスズキのワンボックスの軽自動車を所有して、 「ぽるしぇ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「(12/04)ツイッター自動投稿時のURL表示について」について

「(12/04)ツイッター自動投稿時のURL表示について」について 私の記事も影響を受けていたかもしれない。 11月後半~12月頭で投稿した記事の twitterへのURL表示が不具合だったとのこと。 原因はtwitter側の突然の仕様変更らしい。 今は回避策が取られたとのことなので、 支障なくリンク記事が見られるようになった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

枕元にアヒルのぬいぐるみ。侵入で逮捕の60歳女性。

生活保護問題に強い関心を持っていますが、 未だに何も誰も助けられる立場でもなく、 自分の生活をやりくりするのがやっという状態。 そんな中、今夜のニュースからこんなのがありました。 工場屋根裏に寝泊り10日間 60歳女、侵入容疑再び(朝日新聞) 生活保護を拒絶されて餓死した人が何人もいるという福岡県。 前にも民家に侵入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹前(たんぜん)・褞袍(どてら)・甲斐巻き・ネルの寝巻

あまりに地方差が大きい文化を これほどの至近距離で再認識させられた。 「丹前」 これを「着物」として扱うか、「寝具」として扱うか。 そもそも「たんぜん」なんて初耳、聞いたことが無いというのが 大方の日本人かもしれない。 そもそもは江戸で発祥したという「丹前」は、 江戸では「着物」であった。 丹前は主に綿入れの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公務員の逆恨み。生活保護受給者を不当逮捕。

いまだに無くならない、生活保護を違法に門前払いする「水際作戦」。 これで北九州などで何人もが餓死した忌まわしい行為は、 未だに各地の生活保護の窓口で続けられている。 今回逮捕されたA君。不当な水際作戦に疲れ、 精一杯の抵抗としてビデオカメラで職員を撮影しながら 申請を行おうとした。最終的に所属する労組の立ちあいで ようや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次世代スパコン(その2)

さっき書いた内容とは大きく趣旨の変わる話なので 別建てでご紹介したい。 先に述べた藤末健三参議院議員の論文は必見である。 今回の事業仕分けで「なぜスパコンを凍結するの?」の 的確な御指摘がある。 先の私の記事とは比べ物にならないほど詳しく分かりやすく書いてあった。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

次世代スパコン

多分、「官僚主導のコンピュータ技術発展、環境整備の貧弱さ」を 現場で知る人間の声はなかなか社会に伝わらない。 11年前、私は横浜銀行磯子支店と道路を挟んで向かい側にあるビルの 3階にあった「防衛庁(当時)の防衛システム開発部門」で開発にあたっていた。 そのシステム開発を請けていたのは日立製作所だったが、 もちろん、私は日立…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

藤末健三議員のブログ

twitterを活用していることをPRされている藤末健三さんという 国会議員さんがいらっしゃる。 twitter初心者の私が恐る恐るフォローしたら、 意外なことにすぐに私のほうをフォローして下さった。 関心を持ってもらえたかもしれないと思った。 ところが、最近、藤末さんのtwitterの記述から 私の住む富士宮に立ち寄っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婚活NG。それでいいのだ!

結婚情報サービス大手オーネットの調べたという内容が たまたま目について笑ってしまった。 婚活でNG(やっちゃだめ)な姿のランキングを見たら、 ほとんどおいらに当てはまってるじゃん。 NG1位:リュック(おいらはいつもDバッグを背負ってるさ) NG3位:ウェストポーチ(穴のあいたやつをガムテープで塞いで使ってるけど何か?) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「「何故カネゴン達は15/続・誇れない国にしておきながら…」について」について」について

「「「何故カネゴン達は15/続・誇れない国にしておきながら…」について」について」について 山路様、こちらこそトラックバックありがとうございます。 国旗国歌強制の背景まで見通すことも重要かもしれませんが、 逆の反国旗・反国歌の声高な人たちが過激に動いたことも、 かえって強制する勢力の権力基盤を強くする結果にもなったと思います。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「何故カネゴン達は15/続・誇れない国にしておきながら…」について

「何故カネゴン達は15/続・誇れない国にしておきながら…」について 自民党ほど多数ではありませんが、 国旗国歌の強制に執着する主義の人たちは 民主党にもそこそこ存在しております。 ただ、私は国旗国歌を持つこと、 およびそれが日の丸と君が代であることについて 執着も反発もどちらでもない感覚があります。 それは刑事裁判にも似…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ゼロの焦点」について

「ゼロの焦点」について 映画を観る前に一度目を通したことのある記事であったが、 改めて「久子」役を演じた木村多江さんのインタビュー記事を 読んでみた。この映画に関しての発言を読んでいて、 あらためて涙が流れてしまった。 朝日新聞「どらく」の「ひとインタビュー 第126回 木村多江」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記者クラブ談合問題続報

「マスコミによる談合問題」について 記者会見の全面公開を拒む「記者クラブ」なる 閉鎖的な業界団体の抵抗はなかなか根深いものがあるようである。 その後のJANJANというニュースサイトに続報的記事が掲載されたので 是非ご覧いただきたいと思ってご紹介いたします。 「記者クラブ最後の悪あがき」フリーライターたちの証言 (大泉千…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ゼロの焦点

急遽東京に行くことにした。 昨日決めて今日行ってきた。 数ある見たい映画の中で、 最終的に俳優として強い存在感を感じる 広末涼子主演の「ゼロの焦点」を選んだ。 松本清張がまだ生きている時代に生まれ落ちたが 書籍での作品は一つも読んでいない。 砂の器にしても、映画なりドラマでしか知らない。 その中で「ゼロの焦点」はスト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

都会の電車内でのマナー論に疑問。

いつしか都会の電車内では飲食をしないことがマナーであるかのような指摘がある。 通勤車内で飲食する大人たち すたれる公共マナー 寛大な風潮が助長か(産経新聞) 確かに都会に暮らしている人間が都会の電車を利用する分に関しては、 少々我慢しても家に戻ってから食事を取ることはできるから、 「それぐらい我慢できないのか」という怒り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高知白バイ事件冤罪

「「足利事件、飯塚事件、高知白バイ事件。冤罪を訴える声はいつ救われる?」について」について 本日、発注していた書籍が到着しました。 内容はまだ未読ですが、既にドキュメンタリー番組で 再現映像を詳しく見ていますから、 おおむねその内容だとは思います。 改めて書籍情報を掲載いたします。 「あの時、バスは止まっていた」 高知「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

篠山紀信さんの事務所など家宅捜索

全裸モデルの撮影に絡んで、警察は篠山紀信氏の事務所を捜索したらしい。 ポルノ撮影のつもりなら、ナチュリズムと重なることは無いが、 単に裸のモデルを撮影しただけのことを犯罪視する動きは何時も不愉快である。 朝日新聞から「公然わいせつの疑い、篠山紀信さんの事務所など家宅捜索」 篠山紀信シルクロード 全8巻セット (58~巻)集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more