「Twitterを麻痺させたのは広瀬香美?」について

「Twitterを麻痺させたのは広瀬香美?」について やっぱりそうだった! <広瀬香美>“史上初”のツイッター会見開始遅れる ツイッターがダウン http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00000024-maiall-musi 2CHがジブリの「天空の城ラピュタ」の放映で 「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Twitterを麻痺させたのは広瀬香美?

Twitterにアクセスできない。 「over capacity」と出ている。 広瀬香美のTwitter記者会見が行われているはずの時間帯。 ゲレンデを解かすほど恋してもスキー場に怒られることはなかったが、 Twitterをダウンさせてしまったら一躍時の人間違いなし? DRAMA Songsビクターエンタテインメント広瀬香美…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの父親、逝去

さださんの父親と言えば、数々の作品にもご登場し、 ファンならばいつもその存在を意識しながら 曲を聴いていたと思う。 佐田雅人さんがお亡くなりになったとのこと。 http://www.asahi.com/obituaries/update/0113/TKY201001130439.html 私自身は父親と心も言葉も交わす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKスペシャル「巨大地震」

一昨日(1月10日)から始まったNHKスペシャル「巨大地震」。 http://www.nhk.or.jp/megaquake/ 見逃したくなくて録画しながら初回をリアルタイムに見ていた。 松澤さんの釜石沖の予想通りの発生はリアルタイムに論文で見ていたが、 そこから私自身は八ヶ岳問題などを経て地震学の最先端のニュースから ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにAsahi.com上に記者クラブ問題が取り上げられた。

「「記者クラブ問題」に関する「誠」というサイトでの連載記事」について 実に目立たない紙面の片隅に書かれた記事であるが、 ようやく朝日新聞でもこの問題を直視し始めたようである。 【新聞】労を惜しんではいけない記者会見の開放 http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY2010010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絆の崩壊と民主・社民・国新3党政府の目指すもの

私自身は非自民、非共産、非宗教政党であるが、 個々の政策について反自民、反共産、反宗教政党ではない。 だから、ここから先、共産党系の活動家の方々の闘いについて語るが、 私自身が共産主義を信じているわけでもないことに留意して欲しい。 今、民主・社民・国民新党連立政権において、 「崩壊した人々の絆を取り戻す」 ということが主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午後ヒー

グーグル検索で「午後ティー」で検索をかけると、 一番先頭にずばりキリンビバレッジの「午後の紅茶」がヒットするのに、 なんで「午後ヒー」で検索して なんで「午後のコーヒー」というワードが出てこないのか・・・ 不思議だ。 もう「午後のコーヒー」という商標が誰かが取得していて 商品化されていないのかな? 「午後ティー」がこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Optimus 00 (アウトドア用灯油ストーブ)

これを購入してもう25年近く経ったのではないだろうか。 スウェーデン製のアウトドア用の灯油ストーブ「Optimus 00」 生活が激変して山登りをする余裕もなくなって、 とうとう20年近く使われることも無く、 押入れの中に眠らされていた愛器。 無残な姿に変わり果てているのかもと、 箱を開けるのが怖かった。 今夜…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

物理学の「無」、哲学の「無」

私は特にどこの宗教組織にも所属していないし、 自分を神と崇める新興宗教を興す気も無い。 ただ、人生を貫く大命題として 「無とは何か」 を求道し続けている。 科学の専門雑誌の一つに株式会社ニュートンプレス発行の 「Newton」というものがある。結構歴史が古いのでご存知の方も多いかも。 最先端の論文を速報する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「記者クラブ問題」に関する「誠」というサイトでの連載記事

「記者クラブ談合問題続報」について ここ数日のYahooニュースで見つけた記事なので新しい記事かと思ったが、 実に中途半端な記事番号(3と4)だけが紹介されていたので、 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100102-00000011-zdn_mkt-bus_all http://hea…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「『精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本』」について

「『精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本』」について アマゾンで早速注文を出したのだが、 一気に注文が集中したためか、 在庫切れして発注が自動キャンセルにされてしまった。 年末年始を挟んだので、年始休暇明けには また増刷されると期待しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鳩山首相、twitterで新年の挨拶。」について

「鳩山首相、twitterで新年の挨拶。」について 最初、ケータイのmovatwitterで見た時にはわずか35人だったフォロワーが、 今、パソコンからのtwitterで見たら4万人弱も登録されていた。 ケータイからだと見ている数字が違うのか、 それともケータイからアクセスした瞬間から、 先のブログを書き終えるまでに一瞬に増加し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山首相、twitterで新年の挨拶。

先日、偽物の鳩山首相が登場したことが話題になったtwitter。 とうとう昨日、今度こそ本物の鳩山首相が登場し、 新年の挨拶をつぶやいていることを藤末議員がつぶやいていた。 しかし、翌日2日朝にも関わらず、まだフォロワーが私で35人目。 注目が低いのか、それとも気付かれていないだけか? @hatoyamayukio 日本国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本』

先の映画館の話でちょっと触れたが、 元朝日新聞記者の大熊一夫さんの「ルポ精神病棟」に触発されて 自ら精神科への入院体験を試みた時期があった。 確かに当時の精神科の閉鎖病棟は 「令状無き逮捕拘束、司法の手続き無き無期限懲役」 のような人権侵害がまかり通っている無法地帯であった。 そんな大熊さんが新しい著作を出しているようで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画館に行きたい。

先日、「映画館に行こう!」という検索&情報サイトが開設されたことを知ってから、 しばしネット上で映画館の旅をしていた。 ネットで「映画館通り」と検索すると、ほぼ9割方、「盛岡市の映画館通り」がヒットする。 そんな街で高校生時代を過ごした。演劇の世界に惹かれていた私は、 映画館通りに通うようになり、大学に進学して研究者の道に進…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

破壊作業の際、近くに住む女性とその8歳の娘の2人が死亡

そもそもの記事の題名は、朝日新聞のサイトにある、 「グルジア政府、対ナチス戦勝記念碑を破壊 ロシアは反発」 という記事である。 グルジアとロシアの軍事対立が、とあるモニュメントを破壊するに至るニュース。 その記事で一番文面を占めているのはもちろん破壊に関する両国の対応ですが、 モニュメントを偶像と並び立つ精神的創作物とする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NHKスペシャル「魔性の難問 ~リーマン予想・天才たちの闘い~」」について

「NHKスペシャル「魔性の難問 ~リーマン予想・天才たちの闘い~」」について 先週一杯、風邪引きかけた体で仕事に支障を来たし、 先々週から持越しの仕事の影響でいつもより仕事が長引いて、 ほとんどネット活動が止まっておりました。 そんな中、しばじゅん(柴田淳)も素数について 熱く語ったらしいと、日記に書いてありました。 も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKスペシャル「魔性の難問 ~リーマン予想・天才たちの闘い~」

雑談です。 本日未明(13日深夜)の再放送でこの番組を見ました。 あまり数学が好きな人は多くないとは思います。 拒絶反応が出る人も多いんだろうなって思いますが、 私はどちらかというと、数式をこねくりまわすこととか、 数学的な特殊な概念を日常生活の中で探してみるとか、 そんなことが大好きです。 大学・大学院時代の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

攻撃衝動を抑えられない人出現(スパコン仕分け問題)

「事業仕分け通りの結論で予算の組み直しが決定。」について JanJanで過去に規約違反のコメント出して削除されたような記者がいる。 そんな人間が私のコメントに標的を定めたようだ。 枝野さんが何か失政をしたかのように吊るし挙げたいらしいし、 枝野さんを詳しく説明してあげると、 説明した人間にしつこく人格攻撃を加えてくる。 まぁ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more