地震計観測時代以降の巨大地震メモ

地震計観測時代以降の巨大地震メモ

とりあえず、ウィキペディアで「超巨大地震」と検索して出てくる地震の内、
地震計観測が行われて以降のマグニチュード9クラス(一部8レベル)の地震の
発生時刻をざっと並べて、「こよみのページ」(http://koyomi8.com/)を使って
その発生時刻の月齢を求めてみました。

1952年11月5日01時58分(日本時間4日23時58分)のカムチャッカ地震M9.0の月齢は16.68(旧暦17日)
1957年3月9日04時22分(日本時間9日23時22分)のアリューシャン地震(M9前後)の月齢は7.92(旧暦8日)
1960年5月22日15時11分(日本時間23日03時11分)のチリ地震M9.5の月齢は26.85(旧暦28日)
1964年3月27日17時36分(日本時間日28日11時36分)のアラスカ地震M9.2の月齢は14.02(旧暦15日)

2004年12月26日07時58分(日本時間26日09時58分)のスマトラ沖地震M9.3の月齢は13.98(旧暦15日)
2010年2月27日03時34分(日本時間27日15時34分)のチリ・マウレ地震M8.8の月齢は13.15(旧暦14日)
2011年3月11日14時46分の東北地方太平洋沖地震M9.0の月齢は6.38(旧暦7日)

1960年チリ地震は夏時間と思われるので世界標準時から-3時間としましたが、
それ以外は「みんなの知識 ちょっと便利帳 世界の時間・世界の時差」を参考に
日本時間を求めています。
急いで書き記したので数時間程度間違えているかもしれませんが
1957年アリューシャンと先の東日本大震災の2つの例外を除いて
それ以外はほぼ満月か新月のタイミングで発生しています。
現代の地震学でも、新月や満月の時の地球潮汐(歪み)が
地震の引き金になりやすいことがほぼ定説となっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック