「菅直人に告ぐ。私が無給で福島原発で作業する条件。」について

菅直人に告ぐ。私が無給で福島原発で作業する条件。」について
結局菅直人はずるずる居座ってしまったし、
党内抗争の火種だった小沢氏への処分を撤回しなかったし、
記者会見をオープン化もしなかったし、
私の命を掛けたこの提言に全く対応しないまま、
野田新総理大臣に引き継がれていくことになった。

私はせっかくのこの提言が無駄に終わったことは残念だが、
次の震災までの間に「津波シェルター」を建設することの
重要性を是非伝えていきたいと思う。
命を守る活動として、どうかこの「津波シェルター」に
関心を持っていただきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック