黒木昭雄氏自殺と岩手17歳女性殺害事件 ザ、スクープスペシャル #iwate_kuroki

放送終了 岩手17歳女性殺害事件 ザ、スクープスペシャル #iwate_kuroki 」について
本日、黒木昭雄さん(twitterのアカウントは@kuroki_akio)が亡くなりました。
彼が訴えた重要な問題は、一番に内容を理解している人間の
喪失によって大きくとん挫しかねない状況に至りました。

これまでの故人の活動の迷走によって次々と支援者の離反を招き、
あるいは故人自らが自らの支援者を追放するなどの行為に至り、
最終的には彼が使用していたインターネットプロバイダである
ヤフージャパン(Yahoo! Japan)によって次々と掲載記事を
無断削除されるという言論弾圧を受けて八方塞になったわけです。

私自身、ヤフージャパンによる憲法違反・国際人権規約違反の
言論弾圧で裁判で争った身の上ですから、黒木氏に対しては
「ヤフーを信じるな。裏で動く警察の手先なんだぞ。」
と忠告していたのですが、その言葉への彼の回答は、
twitterの彼のアカウントに対するアクセスブロックでした。
つまり、私に対する絶交宣言だったのです。

一旦乗り気になって過去記事を書いていた私が
突然岩手の問題を言及しなくなったことに
お気づきだった方はおられるでしょうか。
私が関心が無くなったわけではなく、
一番の地元の問題として強く関心を持っていたのに、
黒木氏の独断で彼一人だけの政治活動を公言したため、
「政治家黒木昭雄」を応援するわけにはいかなく
なったから選挙が終わるまで沈黙を守ったのでした。

しかし、人それぞれ理由はあろうかと思いますが、
岩手の問題を関心持つ通称「黒木会」に集った
人たちは、私が選挙を終わって黒木会の様子を
覗いた頃には誰も残っておらず、
空中分解してしまっておりました。

また、選挙が終わった後になっても、
黒木氏はジャーナリストとしての活動よりも
政治評論家としての活動に熱を入れてしまって
ほとんど岩手の問題を追及しなくなりました。

そして彼は私と絶交し、そして今日、自殺しました。
せっかく多数の人が彼に助け船を出したのに、
彼の政治的活動への波長の合う合わないによって
自ら選別をしていった結果、彼は孤立してしまったのです。

私自身、日本のナチュリストの世界で孤立しています。
私自身は来る人を拒みませんが、
数人を除いて私が語る言葉を信用しない為、
痛くもない腹を探られる苦しみを与えられ、
無用な誹謗中傷の嵐の中、
私を信用できない人たちは立ち去って行きました。

だから、今回の黒木氏の自殺を受けて、
自らも他山の石と心に受け止めて
今後の活動に取り組もうと思います。

ちなみに、今、私が一番力を入れているのは
「司法の腐敗、マスコミの腐敗」を潰すことです。
私の大切なホームページを潰し、派遣労働者を死に至らせ、
人間の肉体の尊厳を傷つける「非法治国家・日本」への
実に遠回りな抵抗運動です。

私と絶縁したとはいえ、一度は同じ夢を見た黒木氏よ。
人と人とが助け合ってこそ社会が成り立つ。
その事実を大切にすることに意識を失う直前にでも
気がついて成仏(昇天)されたと願わずにはいられない。
不器用な生き方だったが、決して黒木氏は悪人ではなかった。
そのことだけは最後に言い切って今生のお別れとしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック