村木厚子さん無罪確定。そして前田恒彦検事を逮捕。 #muraki

司法の冬の時代が変わったか?2つの無罪・無罪相当判決。 #muraki 」について
つい先ほど、村木さんの事件について検察が控訴放棄したとの
ニュースがtwitterにて流れました。そして事件は大きく方向が変わり、
前田恒彦検事の証拠隠滅(証拠捏造)を周りの検察同僚の黙認の下、
公判をのうのうと続けて村木さんを何が何でも有罪に持ち込もうと
したことが判明してきました。

そもそも村木さんの犯罪とされた事件を「スクープ」したのは
朝日新聞でした。村木さんの逮捕に繋がったことを今も
朝日新聞社の本社案内に高らかに宣伝されています。
http://www.asahi.com/shimbun/honsya/

そして、今日、また朝にこの証拠捏造問題を報じたのは朝日新聞。
それからわずか半日で前田恒彦検事の逮捕へと一気に進みました。

実にどちらも「検察と朝日新聞は連動した動きをするね」って
感想を抱きませんか?

そう、朝日新聞はもはや今では「記者クラブによる官報複合体」の
象徴的存在になってしまっているのです。先の民主党代表選での
恥も外聞もかなぐり捨ててまでの小沢バッシングを展開したのは、
小沢体制になってしまうと、これまでの情報独占を失い、
国民の目を自由に操る権限が失われてしまうことを恐れてのことでした。

村木さんは「この問題を一人の人間の犯罪として矮小化してほしくない」
と発言しています。これはすなわち、前田検事一人の犯罪ではなく
検察という組織自体が腐敗していることをしっかり暴きだしてほしいと
願っているのであります。

この前田検事がこれまでどういう人たちを有罪に落として、
あるいは落とそうと悪あがきをしてきたか、
フリージャーナリストの人たちはしっかりと社会に訴えてきました。
しかし、自宅に配布される記者クラブメディア(新聞社やテレビ)の
情報ばかり正しいと信じている情報弱者たちはその罠に気付かず、
今も小沢は悪で菅はクリーンだと信じ切っている。

今回逮捕された前田検事だけでなく、
検察全体がこれまで裏金を溜めこんだり
こうして冤罪を次々作りだしてきた
本当の姿は「ヤクザ」そのものであることを
そろそろ国民は気がついた方が良い。

でないと、次に逮捕されて投獄されるのは
私たちの訴えを聞き流してしまう「あなた」かもしれませんよ。
合掌(-人-)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

箕輪伝蔵
2010年09月22日 20:18
前田のことはさておいて、
本人の直接関与はないとしても、管理職としては部下の不祥事はわびねばなりますまい。まるで非がないかのような、復職はいかがなものですか。
その辺、一言あってしかるべきではとも思います。
2010年09月22日 22:41
末端の一国家公務員の犯罪で上司全員が謝罪することなら
当然、それを起こした当時の最高責任者(総理大臣)も
国民に謝罪せねばならないですね。
箕輪さん、当時の総理大臣にもしっかり謝罪させて下さいな。
箕輪伝蔵
2010年09月27日 20:35
総理はともかく、その省の最高責任者であるはずの厚生労働大臣はしかるべきですね。当時の方もそうですが、今の方もです。
ただし、これは、この件における有罪・無罪とは関係のない話としてですね。それを隠避、もしくは無視しているように思える、復職だから違和感を感じているわけですが・・・。
民主党にはコメントを入れました。無視するでしょうがね。
箕輪伝蔵
2010年10月19日 21:32
記事がトラックバックできないのは、私のミスでしょうか? まあ、いいですが、検察の不正追及に熱心なあまり、厚生労働省の不正に対しての追求を忘れてしまわないことを祈ります。
2010年10月20日 05:28
トラックバックの問題はBIGLOBEの問題か
操作上の問題かなにかで私に理由は
全く分かりません。
このBIGLOBEは気に入らない記事を
ブログの所有者の意思を無視して
勝手な理由で消してしまうところなので
私もこれまで何度も被害を受けています。

そんな問題は根本的に、まっとうな法の支配が
この国の司法制度で無視され続けてきたという
根深い不正が、司法機関とマスコミの双方で
広がっているせいです。根っこが腐ってる木で
根っこを解決しないまま枝葉ばかり見ても
どうにもなりません。

今、私自身、twitterでも報告している通り
勤め先の労基法違反や不当な転勤命令問題で
労組を通じて交渉中の身。「厚生」ではなく
「労働」のほうで厚労省に関わる闘いを
している最中であります。
箕輪さんが感じる不正について
私ひとりに全て押し付けず、
自らの主体的行動を大切にして下さい。
箕輪伝蔵
2010年10月20日 19:56
別にあなた一人に押し付けている気がありませんので、その点は誤解のないようにお願いします。
箕輪伝蔵
2010年10月20日 20:54
大切なことを書き忘れました。コメントした趣旨は、検察官一人の違法行為により検察官全員の罷免を要求することに賛同する方が、厚生労働省の係長が行った犯罪行為に対しての直属課長だった方に責任がないのかということについての見解をお聞きしたかった・・・ということでした。
この点について、主体的なコメントがなかったのは残念なことでした・・・。
私は、一人の、あるいは一組織の犯罪で、全てを罷免させるような行動には賛同できませんが、一方で直接の罪があろうとなかろうと、組織の長には部下に対する責任があると思っている次第です。
2010年10月21日 05:33
箕輪さんは検察の逮捕から起訴までの一連の意思決定を
前田容疑者たった一人でなしえた犯罪だと
決め付ける根拠をお持ちなのですか?
検察が逮捕から起訴に至るまでどれだけの
会議を重ねて指揮命令手順を踏むかは、
検察へ常日頃批判をしてきた元検事たちが
詳細に書籍や報道番組で証言していることです。

逆に上司の決裁もとらずに部下が勝手に文書を
偽造することができた厚労省の事件で、
当該部下がしたことなど露ほども知らなかった
無辜の民である村木さんを、犯罪者の上司というだけの
道義的理由で身の覚えの無い罪であっても甘んじて受けろと?

検察の裏金問題をジャーナリストに告発しようとした
三井環検事(当時)をでっち上げの罪状で逮捕して
口封じし裏金の公訴時効を成立させるまで収監した
検察庁や裁判所は全く悪意ない
高潔な存在と言いたいのですね?

意思決定システムの全く異なる機関に
一律の責任を要求する箕輪さんが、
とても両者のやってきた意思決定の
構造的違いを理解しているとは思えません。

口封じされてもなお闘っている三井環さんや
検察の違法な捜査の数々を批判している
郷原信郎さんの訴えに一度目を通し、
耳を傾けてから、誰が本当に国民の味方なのか
見極める事をお勧めします。

この記事へのトラックバック