Win7(64bit)Prof.に繋いだEPSON PX-V700をWinXP(32bit)から共有

先ほど解決したトラブルなのだが、
エプソンのサポートとしても私の事例は新しいものなのだそうだ。
少なくとも、

「EPSONのサイトの『よくある質問』のとおりにしては接続できない」

ということなので、もしもこれから先に似たようなトラブルで
プリンタ共有できない人のため(半分は自分のため)に
ここにメモします。

少なくとも、PX-V700はOSに標準添付のドライバで
自動認識され、ドライバーがインストールされます。
その際に、「Windows Update」を一回させられます。

ホームLANの場合、ファイルの共有は比較的簡単にできます。
(OSのインストール作業の流れで自動認識されます)

Win7の側で、スタートボタンから「デバイスとプリンタ」を選び、
該当プリンタアイコンを右クリックして「プリンタのプロパティ」を選ぶ。

タブの中から、「共有」を選んで、この際に共有名を
ディフォルトの名前ではなく「空白とハイフンを使わない名前」
に書き換えます。(「適用」と「OK」もする。)

注意!!!ここでは
「追加ドライバーのインストールは行わない!」


(「よくある質問」では、これ↑をやれとあるが、間違い!)

メモしておくのは、大文字小文字を分けての「コンピュータ名」と
さきほど書き換えた「共有プリンタ名」の2つ。
そしてWin7(64bit)Professionalでのログインユーザー名とパスワード。

次にWinXP(32bit)側での作業です。

XP用の最新ドライバーをローカルプリンタ扱いでいったんインストールします。
コントロールパネルの「プリンタとFAX」の中に、ローカルプリンタとして
PX-V700のアイコンができている状態にしておいてください。

ここまでできたら、まずは「おまじない」をします。
スタートボタンを押して、
「ファイル名を指定して実行」
をつついて、出てきた記入欄に
「\\(コンピュータ名)\(共有プリンタ名)」
を入力してOKを押します。

ここからしばらく、サーバー側とクライアント側とで
見えないやり取りが続くので長時間待たされます。

しばらくすると、Win7側へのログインを求めるダイアログが出てきます。
ここで、さきほどメモったログインユーザー名とパスワードを打ち込みます。
すんなりダイアログが消えればログイン成功。
これでXP側でWin7側のプリンタが見えるようになります。

後は、XP側のコントロールパネルの「プリンタとFAX」にて
現時点でローカルプリンタになっているPX-V700アイコンを
右クリックして「プロパティ」を開きます。

そして並んでいるタブの中から「ポート」を選びます。
左下の「ポートの追加」を選んで、
「Local Port」を青く反転させて「新しいポート」を選ぶと
「ポート名」を求めるダイアログが出てきます。

このダイアログの記入欄に、さきほどのおまじないと同じ
「\\(コンピュータ名)\(共有プリンタ名)」
を入力します。

するとすぐにダイアログは閉じて、元の「ポート」タブの一覧の中に
共有プリンタが追加されてチェックマークが付いています。
ここで「適用」を押して、「OK」を押すと、
プリンタアイコンは、ネット共有アイコンに変わります。

後は、プリンタのプロパティなどから「テストページの印刷」を
選んでみましょう。順調ならば、これでプリンタが動き、
テストページが印刷されるはずです。

以上、長くなったのですが、昨夜遅くまで苦労したプリンタ共有は、
上記内容にて無事接続できたのでした。
似たようなことを試みる方はご参考まで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック