放送終了 岩手17歳女性殺害事件 ザ、スクープスペシャル #iwate_kuroki

放送日確定 岩手17歳女性殺害事件 ザ、スクープスペシャル #iwate_kuroki 」について
スポーツ中継が入った大阪が今夜(日付的には明けて明日未明)放送に
放送時間が変わっていますが、警察の不正が問題になっている高知県を
除く多くの地域でテレビ朝日系列の「ザ、スクープスペシャル」が
放送されました。番組では同じように検察不正を闘う三井環さんの
口封じ逮捕&収監と重ねて報道されました。

テレビでは時間上伝えられなかったことがあります。
この事件に深く情報をお持ちの下田到(しもだ いたる)さん
(twitterアカウントは@shimoda_itaru)が番組関連の
ネットラジオにて具体的に佐藤梢さん殺害に関わった
重要容疑者のB君という人物のことを語りました。

B君が、死体遺棄現場に通じる国道106号線沿いの
盛岡市に独り暮らしで住んでいて、梢さん失踪から発見の前日まで
仕事を休んでいること、そして、小原君が仮に人質として
梢さんをB君に預けてZ氏を訴える被害届の取り下げに田野畑方面へ
向かっていたとしたならば、小原君が単独行動していたことを
すんなり説明できる。

そして、B君とZ氏はどちらも梢さん失踪から遺体発見直前まで
アリバイが無く、殺害や死体遺棄を双方でき得ること。
そのことを実は下田さんは岩手県警からそれとなく
探りを入れられた取り調べを受けていることなど、
真犯人に近づきかけそうな情報を持っているのです。

ここまで公に明かされた情報をもってしても、
岩手県警は動かない。

かつて同じ番組で取り上げられた御殿場の少年冤罪事件での
不当判決問題も、結局市民が怒りの声を挙げることもなく
(まぁ、私からの支援の気持ちを冤罪被害者は拒絶したけど)、
高知白バイの不当逮捕&不当判決での収監の件も
何度報道されても国民が怒りを持たない。

世の中、政治家などが大きく疑惑をマスコミが打ち上げると
やれ首相を辞めろだの議員を辞職しろなど騒ぐのに、
身近なところで警察や検察や裁判所が無実の人間を犯人に
仕立て上げたり、裏金を作ったり、不当判決したりして、
明日は我が身かもしれないという事実が報道されているのに
何にも行動を起こさない。

僅かに残ったジャーナリズムがこうして特番を設けて
命がけで報道しているのだから、
一般市民が本当に自分たちの身の安全を求めるなら、
今こそ警察・検察・裁判所・マスコミたちの「嘘」を
激しく糾弾するのが筋じゃぁなかろうか。

昔から日本人は、大岡越前の守やら必殺仕事人やら水戸黄門やら、
一刀両断に悪人を退治する「勧善懲悪」を実現するドラマで
胸をすく習性がついてしまっている。それがやたらもてはやされるから
「警察が逮捕」だの「検察のガサ入れ」だのがあった時点で
「あいつはそんな悪い奴だったのか」とこれら司法&マスコミを
頭から信じ込んでしまう。「推定無罪の原則」が全く分かっていない。

菅家さんの無罪が晴れるまでに一般民衆はマスコミの付いてきた嘘に
何ら疑問も持たず、菅家さんへの憎しみばかり抱いていた。
「お上に逆らうものは道徳がなってない悪い奴」というのが
儒教思想の一番の弊害だ。
地位の高い人、年長の人というだけで過ちや罪をしないと決めつける。
地位の低い人、年下の人というだけで未熟者や不良だと決めつける。

今のまま、司法とマスコミを盲信していると、
次の被害者は、今、このブログを無視している、
もしくはインターネットの価値を軽んじている、
「あなた」かも知れませんよ・・・(冷笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック