高知地裁の論理と松山地裁の論理の大矛盾(白バイ冤罪訴訟)

刑事裁判で無罪を勝ち取りながら、
国賠訴訟で逆に無実の人に賠償を命じた松山地裁。
刑事裁判で有罪とされた高知白バイの国賠訴訟では
「無罪を勝ち取ってからでなければ賠償請求出来ない。」
と高知地裁は言い渡した。

この論理の矛盾を貫くのは「あくまでも警察・検察・裁判所だけが正義」という
建て前を述べて逃げの姿勢に終始する司法官僚たちの自己保身に過ぎない。

高知白バイなどを通じて司法官僚の腐敗を告発するブログ
『K察&司法監視委員会』における文章をご紹介する。
http://r110.blog31.fc2.com/blog-entry-87.html


あの時、バスは止まっていた 高知「白バイ衝突死」の闇
ソフトバンククリエイティブ
山下 洋平

ユーザレビュー:
この事故(事件)を知 ...
あの時、バスは止まっ ...
新しい冤罪事件「どう ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック