攻撃衝動を抑えられない人出現(スパコン仕分け問題)

事業仕分け通りの結論で予算の組み直しが決定。」について
JanJanで過去に規約違反のコメント出して削除されたような記者がいる。
そんな人間が私のコメントに標的を定めたようだ。
枝野さんが何か失政をしたかのように吊るし挙げたいらしいし、
枝野さんを詳しく説明してあげると、
説明した人間にしつこく人格攻撃を加えてくる。
まぁ、誰でも記者登録できるから防ぎようがないが、
要点をポツポツ突いて反論してあげてます。
またいずれ削除の憂き目を味わうかもしれませんが。
おヒマでしたらご覧くださいませ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

新たに論争に加わった市民記者「山本恭平」氏は
他人を「偏っている」と指摘できると豪語している。
自分自身は「偏りの無い人間だ」と言いたいらしい。

>> 他人を「偏ってる」と誰が断言できるのでしょうかね?

と聞いてみたら、
「テレビを所有している人間は偏っている」
とか、昨日たまたま好きな分野のテレビ番組に
深夜~早朝に見入ってしまった私を指して
「深夜早朝にネットに張り付いている人間は
偏っている」
というような、あまりにも後出しじゃんけん的
理由づけで私のことを偏っていると言えると
豪語している。
2009年12月14日 13:16
 事業仕分けの目的は、中間搾取者の排除と聞いてますので、結果を正しく読めば、基本的な間違いはないように捉えることができるとは思いますが、それが懐にひびく人種もいるわけで、そっちよりの人が何とか状況の転覆を謀る一環の可能性もありますね。
 民主党は、既成報道と内容を比べられるように、ネットを使った党としての情報伝達をもっときちんと行う必要があるのですが、なかなか忙しいようで、そこまでは行ってないようですね。
 他人を「偏っている」などとあっさり決めつけるような人種は、自分の思い込みが判断基準という「偏り」を持った人種なので、どのような報道がなされても歪んだ受け取り方しかできないのかもしれませんが…。

この記事へのトラックバック