「気骨の判決」 発見は昭和60年?平成18年?

「気骨の判決」(NHK)を観て」について
昭和20年3月1日に選挙無効の判決を大審院の吉田久裁判長が
下したことは事実として揺らがないようであるが、
極めて不思議な日付がネット上で飛び交っている。
「昭和60年」か「平成18年」かである。

東京大空襲で焼失したと見られていた判決原本が
最高裁で発見された年を、ドラマの中で明らかに
「昭和60年」と書いていた。8月に放送された際、
間違いとして指摘されたところは修正した上での
再放送だったのだが、今回の再放送にて確かに
「昭和60年」と明記されている以上、
NHKとしてはこの年を発見年としているようである。

しかし、みんながとりあえずは使うであろうウィキペディアなど
ネット上の数多の情報源の中には、判決原本の発見年を
「2006年(平成18年)」とするものが極めて多く見つかるのである。

単なる誤記では考えられない違いがある以上、
真実を確かめるには取材して出版した著者に確かめるとか
NHKや最高裁に問い合わせるしかないのであろうが、
それに費やしている時間がそうそうないから、
私個人としては現時点でひとまずは昭和60年と明記する
ドラマ放送での記述をドラマ上の真実と考えることとする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック