首相:金がねえなら結婚しない方がいい?

国旗として尊重したい人にとっては
国民の生活が切り刻まれる悲劇よりも
日の丸が切り刻まれたことのほうが大問題。

数多くの人々が手取り10万前後で困窮しているときに、
毎月一着数十万のスーツを何着も仕立て直すほうが大事な首相は、
若者から

「若者に結婚するだけのお金がないから結婚が進まず少子化になるのではないか」

と問われてこう答えたそうだ。

「金がねえなら結婚しない方がいい、おれもそう思う。
うかつにそんなことしないほうがいい。」
(以上、朝日新聞より)

結婚するしないか自体も婚姻制度への賛否もあるから、
深くは反対はしないが、単に、「家族を作りたい」という
意識は結婚制度への賛否に限らず広く人々の求めであると思う。
上記発言は家族団欒の幸せを軽視する政権与党(自公)の本音なんだろう。

今から私は期日前投票に向かう。30日は大事な打ち合わせも入りそうなので
投票日を待たずに、公休日である今日を使って選挙と最高裁国民審査の
両方をしっかり権利行使してくるつもりだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック