おやんずも歩けば・・・

自分は最終的に得したのか損したのか分からないが、
次から次へとトラブルは続く。

もっぱら仕事していて、相手が新人で配慮が足りなかったり、
逆に社内での役職だけ高くて普段から部下に傲慢だったりして、
部下でもない私にいつものように上から見下ろすような指図や
暴言をぶつけてきて最終的に向こうが謝罪するまでに
大変な時間と金額的ロスを発生させることばかり。

自分が完璧な人間とは私はさらさら思わないが、
なんでこうもみんな他者に敵対心ばかり先に立つのだろう。
対立して過ごして失う時間も金銭も、もしもトラブルじゃない
分野に利用していたらもっと多くの社会資産の蓄積になるのに・・・

そんなことで神経をすり減らしながら平日作業して、
今日は有給休暇でお休みの日。朝から洗濯したり
掃除したり、買出しに行ったり。ようやく午後四時半過ぎに
最後の買い物を終えて自宅近くまで戻ってきたので、ふと、
「アイス買って一休みするか~。」
と軽い気持ちで近くのコンビニに寄った。
買ったのは静岡県限定販売の「みかんのお水 ちゅう アイスバー」
これを電子マネーEdyで登録したカルワザクラブというサービスに
加入していると、一品辺り20円値引きになるし、ポイントも溜まる。
いつもEdy独特の「シャリーン」という音が鳴るはずと思って
レジのIC読み取り部にお財布ケータイをかざしたところ、
鳴った音は「ボヨヨ~ン」であった・・・ん?

最初、Edyが何か特別に音を変えたのかと思ったところ、
渡されたレシートに記載された「お客様控え」の異様な表記。
値引きもカルワザの文字も無い。

そう、これはEdyではなく、docomoが展開している小額クレジットの
「iD」という決済手段だったのだ。ここでまたトラブル発生であるっ!(トホホ・・・)

レジの子はまだ研修段階の新人さんだったことが判明。
しかし、クレジット支払いを取り消す作業を知っている人が
その場におらず、責任者が本部と電話で対処方法を調べるのに
かなりてこずっている。

アイスはとりあえず溶けては困るので冷凍庫に戻してもらって
待ち続けました。買出しの重い荷物を持ちながらレジの前で
立ち続けるのも苦しくなり、荷物を床に置いて正座して待機するという
他から見れば異様な光景となりました。

結局お店のほうでiD決済の取り消しに成功し、
改めてEdyで支払ったのが30分以上後となりました。

この際、私は2本買ったのに1本分だけの引き落とし。
お店はわざとおまけしてくれたのではなく、
これまたレジ打ちのミス。しかし、待たせすぎたとのことで
そのまま最終的に1本分おまけということになりました。

さて、私が予定外に時間を使ったこと、店が問い合わせのために
かけた電話代、店にとって1本分の売り上げが消えたこと、
それぞれにとってマイナスである。

逆に誰が何を得したかというと、
お店としてiD決済取り消しの方法を学んだこと、
新人の店員がEdyとiDの違いが大きいことの学習、
私にとって1本分の値段が浮いたことである。

自分の勤め先では
「トラブル発生というと良きにつけ悪きにつけ、必ず小野田さんがからむ」
と言われている。
普段真面目に過ごしているだけなのに、
なぜか私の周りにはトラブルを起こす人が多い。
だが、周りに言わせれば「小野田はトラブルメーカーだ」となる。

犬も歩けば棒に当たるとは言うが、
小野田も歩けばトラブルに当たるというところか・・・ハァ~~~

まぁ、カーペンターズの名曲にも
「不完全な世の中で完全を求めていた」という一節があるし、
大好きなしばじゅん(柴田淳)さんの曲にも
「確信、絶対、あいまいなこの世の中・・・」と歌っている。
さだまさしも「理不尽~理不尽~理不尽~♪」と歌っている。

世の中そういうもんだと知識として充分知ってはいるが、
しばじゅんのその歌の題名の如く、
「なんかいいことないかな」
という心境である・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック