裸祭り(蘇民祭)

ずっと前から自分のHPでは紹介していたものの
深くコメントする前に弾圧が始まり、触れることができませんでした。
しかし、思いがけず全国的に注目される行事となり、
政府閣僚もコメントするまでに至ったのですから、
やはり何か言いたくて仕方ない。

今回初めて知ったことも多かったのですが、
参加者は一週間前から特定の食材や飲料を絶ち、
いわばイスラムのラマダンの行事のように
身を切り詰め、穢れを払い、神聖なる体をもって裸で望む行事とのこと。
私は異教徒ですから、主催団体のことにくちばしを挟むことは
差し出がましいですが、祭りを取り仕切るこの真剣さに対して
「全裸はわいせつ」という偏狭な視点で横槍を入れるケーサツの
ナンセンスな思考回路にはホトホト辟易です。
彼らの裸を神聖視する健全で真剣な気持ちを踏みにじる権利を
いつからケーサツが持ったというのか。

JR東日本が主体的にポスター拒絶をしたのではなく、
おそらく私の裁判同様、裏で陰湿な圧力をかけたに違いないという
状況が住職のコメントの端々から伝わってきます。

また、今は児童ポルノ画像の所持そのものを犯罪視するような
不穏な空気があります。確かに子供の人権を無視して
大人の勝手・強要で得た児童の裸はマニアだけが喜ぶ
児童ポルノでしょうが、私の場合、裸を研究テーマとして
いろいろ収集している人間の場合、児童の裸が
ポルノなのかほほえましいスナップ写真なのか、
はたまた芸術の分野で語られるべき芸術写真なのか、
検討するという真面目な目的の元、沢山の未成年の
全裸の裸像を所持しています。

それを「ただ単に所持しているだけで犯罪」とされたら、
一夜にして私は「児童ポルノ趣向の犯罪者」になってしまいます。
黙って見過ごすことは出来ないと感じております。
なんとか理性ある人権専門の議員さんたちや学者・芸術家たちの
奮起を期待していますし、私も精一杯努力していくつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

ポー
2008年03月03日 16:44
「蘇民祭」は1993年頃には、男性器の写った写真が『旅行読売』に広告として掲載されてましたが、やがてそれはNGとなったようです。
時代の移り変わりということですね。

児童ポルノについては、私はUVAのClUB NAK'Sの活動が児童ポルノ法等に抵触する可能性があるということを過去から書いてきています。
この件については一度まとめておいたほうがよいかと思っています。
ポー
2008年03月03日 16:47
ヌーディズムはポルノとはみなされないため子供の参加や子供の裸の掲載された媒体等も児童ポルノ法に抵触することはない。

日本にもCLUB NAKE'Sというヌーディストクラブがあり18歳未満の子供を参加させている。

だがCLUB NAKE'Sの場合、性的なものを目的としていてヌーディズムの実践団体とは思えないような事実は数々と存在する。

一方活動場所が秘密であるためヌーディズムの実践団体だと外部に照明するものは何一つ存在しない。

CLUB NAKE'Sがヌーディズム実践団体でない場合は、当然のことながら児童ポルノ法などの法的規制の対象となる可能性が出てくる。
ポー
2008年03月03日 16:48
UVAのClUB NAK'Sが子供を参加させていることについて、もう少し詳しく書くと

・ClUB NAK'Sは子供の参加が可能である
・ClUB NAK'Sは積極的に子供の参加を呼びかけている(シングルマザー優待制度etc.)
・ClUB NAK'Sは子供の参加実績と子供の参加が可能であることを謳った上で、会員(会費制)の募集を行っている。(子供の参加を宣伝材料にして会員集めを行っている)

ということが挙げられます。
ポー
2008年03月03日 16:53
「性的なものを目的としていてヌーディズムの実践団体とは思えないような事実」について例をあげますと(ソースや詳細は2ちゃんねる等に既に書いてあります)

・日本国内ビーチでのペッティング(と見られる)行為
・ポルノビデオ(と見られかねない)の販売
・会および会員の若い女性への執着
などがあります。

この記事へのトラックバック