派遣社員は労災を隠され、拒まれ、ごみのように捨てられる。

偽装請負で初の摘発」について
今、NHKのクローズアップ現代で、派遣労働者が大怪我をしても
労働災害としての社会保障を雇用企業の非協力によって反故にされる
問題が特集されていた。前からこの問題は我々非正規労働者たちには
深刻な問題として身近な問題だった。

平成不況の中、裁判官まで企業不正を野放しにして不正が大手を振って
まかり通り、雨後の竹の子のように猫も杓子も派遣会社を作っていった。

いくら処罰してくれと要求しても、厚労相は質問者に強圧的に睨み返すばかりで、
労働者の血に染まった訴えは冷血な人間からの無視によって跳ね除けられ続けてきた。
我々派遣労働者たちは、しっかり団結して無関心な世論に
この問題を盛り上げていかなければならない。

報道を見て、今もなおこういう使い捨ての労働者が苦しんでいるという認識が
世論に広まってほしい。特に、今巣立ち間近の子供たちを育てている親御さん。
あなたの大切な子供たちを、労働災害でしっかり守らかせるための社会活動を
していますか?
食い扶持を稼いで飯を出すだけでは、肉体は育つが、
愛するこどもの未来がどんどん崩れ、消え去っていくのだ。
是非、親たちにこういう社会問題を身近に学んで、
周囲の友人に賛同の輪を広げる活動をしてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

豚豚
2006年12月03日 18:18
お仕事は訴訟屋さんでつか
包茎君
2006年12月03日 18:19
はい。
そうれつ。

この記事へのトラックバック