アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「文学」のブログ記事

みんなの「文学」ブログ

タイトル 日 時
「ブドリとカンパネルラ #宮澤賢治 #野島伸司」について
「ブドリとカンパネルラ #宮澤賢治 #野島伸司」について プレミアムドラマ『プラトニック』の第2回では印象的な台詞が出てきた。 主人公沙良の娘・沙莉と、堂本剛演ずる青年が病室で、とても暖かな後継として二人笑いあっていた。それを微笑ましく思った沙良は、その青年から思いがけない言葉を聞く。実はその笑いは沙良を思いやる沙莉からの心遣いであり、それを出来るようになったのは、沙莉の心に諦観があるからだろうと。そして青年自身、そのような諦観に達する心境にあるのだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 06:15
ブドリとカンパネルラ #宮澤賢治 #野島伸司
野島伸司脚本の最新作、プレミアムドラマ「プラトニック」の 第1回を見終わったところ、というか、二度見終わったところ。 堂本剛演ずる「青年」の気持ちが痛いほど胸に刺さる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/31 23:00
こういう文字をよくぞ考えた。世相をまさに表す。
㍈i㍈i ㍆㌋㌉㌏㌉㌸㌾㌋㌞㌹㌅ ㌟㌥㌑㌟㌥㌑ ㍆㌋㌉㌏㌉㌸㌾㌋㌞㌹㌅ &#13... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/05 18:47
パクリとは言葉が過ぎるのでは?
日刊スポーツの記事で、手嶌葵の「テルーの唄」について ジブリ側が「パクリ」を認めたなんて表現をしてるけど、 あまりにも悪意に満ちた口汚い表現ではないだろうか。 CD発売の前から、萩原朔太郎の「こころ」に感じて この唄を作ったことは公表されてきたのだし、 実際、中核となるフレーズを除けば、「こころ」とストーリーが 重なるのはテルーの唄の3番だけであり、1番と2番の歌詞は 「こころ」には出てきていない全くの創作(オリジナル)に値するものである。 いままで例えば平家物語の一節「風の前の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/07 00:29

トップへ | みんなの「文学」ブログ

かわいい猫には、また旅をさせよ。 文学のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる